寝つきが悪い時には米軍式睡眠法を

2019年4月17日

布団で寝ている女性の絵

夜にベッドに入ったけどなかなか眠れない。明日は仕事で朝は早いのに寝ようと努力すればするほど眠れない・・・。それまでは普通に寝つけていたのに今日に限って・・・。
ちょっとしたきっかけでどうやって寝ていたのか分からなくなってしまい毎日睡眠不足。
誰にでも経験があるかと思います。

そんな時は高度にストレス下にさらされる戦闘下でいつでもどこでも寝つけるように開発された米軍式の睡眠法を試してみましょう!

米軍式の実績ある睡眠法としては以下のステップとなります。

1.肉体をリラックスさせる

顔が付いた筋肉の絵

  • 目を閉じてゆっくりと深く深呼吸をしながらまずは顔の筋肉から力を抜いて緩ませるようにします。ポケーっとする感じでしょうか。
  • 次に肩や首から力を抜いてゆっくり深呼吸しつつ全身がダラ~ンとしたクラゲのイメージで全身の筋肉を確認するように力を抜いていきます。左右の上腕~手、ふともも~ふくらはぎと順番に意識して力を抜いていき、力が抜けない場合は一度力を入れてから抜きます。
  • 最後に全身の力を抜き終わったらゆっくりと3回ほど深呼吸を行いましょう。

2.精神をリラックスさせる

湖と山に囲まれた自然の絵

精神的なリラックスに必要なことは動きのある事をイメージしないことです。
動きのあるイメージを排除するために以下の3つのことをイメージします。
どれも10秒以上継続してイメージしましょう!

  • 春の日に静かな湖の上でカヌーに横たわって青空を見上げているイメージ
  • 暗闇の中で巨大なハンモックに心地よく揺られているイメージ
  • 自分に「何も考えない」とひたすら言い聞かせる

1の肉体的なリラックスに1分30秒ほど、2の精神的なリラックスには2分ほど費やす。

これを実践すれば一般の人も十分効果があり眠りにつくことが出来るようになるそうです。
寝つきの悪い方はぜひこの米軍式睡眠法を試してみましょう!