bashで一定時間無操作後に自動ログアウトさせる方法

会社など多数の人がいる環境でLinuxなどで端末を使っている場合、ログインしたまま席を長時間外すことはセキュリティ上好ましくありません。

bashにはユーザがログインしてから一定時間無操作が続くと自動でログアウトさせる機能があります。

もしログアウトし忘れて長時間離籍してしまった場合でも、この機能を設定しておけばセキュリティ的な危険度を少し下げる事ができます。

自動ログアウトの設定

環境変数のTMOUTに無操作になってから自動ログアウトするまでの秒数を設定するだけです。

ちなみに秒数に0を指定すると自動ログアウトしなくなります。

※無操作になって15分後に自動ログアウトする設定
$ export TMOUT=900

bashの動作に関する環境変数の設定のため、ログイン時に一度だけ実行される.bash_profileに記述しておくといいと思います。