Visual Studio Codeがブレークポイントでしばらく固まる現象の対処法

Visual Studio Codeでデバッグを開始してブレークポイントで止まる時に、最近画面がしばらく固まる現象に遭遇して困っていました。

環境によると思いますが原因と対処方法を書いておきます。

原因

デバッグオプション"Focus Window On Break“が有効の状態で、非アクティブ状態でタスクバーで点滅しているVisual Studio Codeをクリックして画面をアクティブにするとしばらくフリーズしてしまうようです。

↓このオプション

↓日本語化している場合

対処法

以下のどちらかでVisual Studio Codeのフリーズを回避することができるようです。

オプションを無効にする

デバッグオプション"Focus Window On Break“(上の画像参照)を無効にすれば、ブレークした後にVisual Studio Codeに画面を切り替えてもフリーズしなくなります。

画面を切り替える

他のアプリに画面を切り替えてからVisual Studio Codeに画面を戻すとフリーズが解消されます。

でも毎回しないといけないのは面倒くさいです。

どうやら画面アクティブ化関連イベント処理の不具合な感じ。