老後2000万時代は自分から行動しないと生きていけない時代

2019年6月20日

電卓とお金

金融庁の試算で老後に2000万の貯金が必要という結果が出て話題となっています。

国や企業におんぶにだっこで老後を過ごす時代は終わりました。

時代を生き抜いていくために今から自分で考えて行動していきましょう。

老後2000万時代を生き抜く方法

黒子がメモ

老後も自分で稼ぐ

企業に雇われてお給料を貰うのもいいと思いますが、老後までに自分でお金を稼ぐスキルを身につけておくのが良いと思います。

自分でお金を稼ぐスキルがあると老後になって企業に雇ってもらわなくてもお金を稼ぐことが可能です。

企業に雇ってもらいつつ副業で自分で稼ぐ2本柱スタイルで冗長性を高めて、どちらか収入源を失っても生きていけるようにするのもアリだと思います。

老後も現役時代と同じような時間の使い方をしたい人におすすめの方法だと思います。

老後までに2000万以上貯蓄しておく

老後は働かず過ごしたい方は現役時代に老後を生きていく資金2000万以上を貯蓄しておく方法があります。

ただ現役時代の生活スタイルによって貯蓄する額は変わってくると思います。

趣味などにお金をかけていた人は、老後ますます趣味にかけられる時間が増えますので現役の時より出費が多くなってしまうことがあるかもしれません。

貯蓄だけで老後を生き抜く方法は慎ましやかな生活を送れる人には合っているかもしれませんが、お金を使う生活スタイルだった人にはリスクが高いと思います。

老後は現役時代と違って自分の時間を自由に使いたい人におすすめの方法だと思います。

資産を運用する

貯蓄は確実にその金額のお金を残すことができますがそれ以上増えることはありません。

資産運用をすればリスクはありますがリターンがありますので資産を増やすことができます。

資産運用と言ってもハイリスクハイリターンからローリスクローリターンまで様々なものがありますので、自分にあったものを分散して運用するのがいいと思います。

上手く資産運用できると老後もお金を稼ぐことができて、さらに自分の時間を自由に使うこともできます。

資産運用は資本主義における最終形態なのかもしれません。

資本主義の理想を実現したい人にはおすすめの方法だと思います。

まとめ

投資したお金から出た芽

本当に自分で考えて自分で行動して自分で責任を取る時代がやってきたと思います。

文句を言っても誰も何もしてくれません。

自分で何かしないと置いていかれる時代です。

何も考えず普通に働いていれば老後も大丈夫という時代はもう来ません。

上に挙げた3つが老後を生き抜く方法の全てではありませんが、どれか1つでもやっておいた方がいいと思います。

バイタリティのある人の中には、老後になって2000万以上の貯蓄があり、貯蓄以外にも資産運用していて、さらに自分でお金を稼いでいるという人もいるかもしれません。

生き抜く方法は何にせよ早いうちに老後のビジョンを立ててそれに向かって行動していく姿勢が大事だと思います。

時代に合わせて自分で考え行動していきましょう。