おすすめのアクションカム ソニー HDR-AS300 比較レビュー

2019年4月17日

ソニーのアクションカムHDR-AS300の箱

簡単に持ち歩けてすぐに動画に撮れるところがアクションカムの魅力です。

たくさんあるアクションカムの中でも国産メーカー・安定動作で評判がよくロングセラーなのがソニーのHDR-AS300という機種です。

ソニーのアクションカムHDR-AS300を比較レビューしていきたいと思います。

公式HDR-AS300サイト

主な特長

空間光学ブレ補正

撮影動画を見ると実感するのがソニーのハンディカムでも採用されている物理的な仕組みでの強力な空間光学ブレ補正です。

手持ち撮影はもちろんのこと、車や自転車などの車載動画の撮影にも威力を発揮します。

物理的なブレ補正は他のアクションカムにはないソニーのアクションカムの特長となっています。

高性能レンズ

歪みが少なく解像度・コントラスト・色再現性に優れる高い光学性能をもった「テッサー」レンズを採用しています。

映像機器にこだわるソニーらしくレンズにも力を入れているようです。

またそのレンズに見合ったCMOSセンサーや画像処理エンジンも採用しているので、録画した映像の再現性は非常に高いものとなっています。

ステレオマイク

本体に内蔵されたマイクはステレオとなっており、録画した映像を見るとしっかり音の方向が分かり臨場感があります。

また録音の感度もよく雪の上を歩く時の踏みしめる音など小さな音もちゃんと拾ってくれます。

風音低減機能をオンにすればマイクに当たった風の音を低減してくれます。

さらに外部マイクも接続可能となっておりますので、様々な用途や環境に適応可能となっているのも特長の一つです。

XAVC Sフォーマット

より高画質な状態で映像を記録できるXAVC Sフォーマットを記録方式に選択できます。

より高精細で臨場感のある再現性の高い映像を記録したいという時にも対応できる映像機器にこだわるソニーらしいアクションカムであることも特長となっています。

スペック比較

比較表

代表的なアクションカムGoProやソニーの他のアクションカムと主なスペックを比較してみました。

HDR-AS50HDR-AS300FDR-X3000GoPro
HERO7
Black
実売価格
約21,000円 約33,000円
約45,000円約45,000円
4K性能××30p60p
2K性能60p60p120p240p
撮影確認
モニター
△別売り
又はアプリ
△別売り
又はアプリ
△別売り
又はアプリ
ブレ補正
ソフトウェア

物理機構

物理機構

ソフトウェア
記録方式AVC(H.264)
XAVC S
AVC(H.264)
XAVC S
AVC(H.264)
XAVC S
AVC(H.264)
HEVC(H.265)
本体防水×
生活防水
×
生活防水
×
生活防水

水深10m
ケース内
防水性能
水深60m水深60m水深60m水深60m
重量83g109g114g116g

ソニー アクションカム 製品ラインナップ

GoPro HERO7 Black

メリット

ブレ補正

撮影してみると分かりますがHDR-AS300に搭載されている空間光学ブレ補正はソフトウェア補正と比べると圧倒的に優れています。

ソフトウェア補正では画質が劣化したり歪むことが多いのですが、ソニーのアクションカムの売りである物理式の空間光学ブレ補正は違和感なくキレイにブレを補正してくれます。

価格

4K動画がだんだんとメジャーになってきていると思いますが、容量が少なくて撮影時間が長くなる2K動画で十分と考えている人にはHDR-AS300は十分な性能を持っています。

また、さすが映像機器メーカーもしているソニーなので撮影した動画の再現性は他のアクションカムより高く、コストパフォーマンスに優れています。

圧倒的なブレ補正は欲しいけど4K撮影は必要ないなら、価格が安く抑えられるHDR-AS300の選択はメリットになります。

安定動作

GoProをはじめ他のアクションカムは撮影中にハングアップしていることが多いと聞きますが、ソニーのアクションカムは撮影中にハングアップすることは皆無でした。

大事な瞬間を動画に残せないのは致命的ですが、そのような心配がないのはかなりのメリットだと思います。

また国内メーカーということで初期不要や故障などのサポートも安心できます。

マイク接続端子

ソニーのアクションカムにはマイク接続端子がついていますので、自分で選んだマイクを接続して音声を入力することができます。

これが一番ありがたい機能と思っている人が意外に多いです。

デメリット

ライブビュー

本体の液晶画面は設定を行えるだけで、カメラに写っている映像をリアルタイムに確認するには別売りのリモコンモニターを購入するか、スマホアプリでWiFiがブルートゥースで本体に接続する必要があります。

防水性能

本体は生活防水程度の性能がありませんので、水場での撮影は付属のハウジングに入れる必要があります。

SDカード

付属品にSDカードは入っていませんので本体を購入するだけでは撮影できないので注意が必要です。

また適合する形式もmicroSDカード(class10以上推奨)となりますので間違わないように注意する必要があります。

本体形状

独特の本体形状のため他のアクションカムと違って撮影時は目立ちます。

また手に直接もって撮影する以外では、三脚、車載や自転車、バッグパックの肩掛け、バイクのヘルメットなど撮影形態に合わせて専用のアクセサリーを購入する必要がありますが、それらのアクセサリーは安くはないです。

まとめ

ソニーのアクションカムHDR-AS300の内容物
  • 安い中国製のアクションカムは表記と実際のスペックの差(嘘ではないが良く見せるごまかし)があったりサポートが悪かったり(会社が無くなったり)、初心者が手を出すにはハードルが高い
  • 初心者なのでGoProほどの4K性能は必要ない
  • お手頃な価格がいい
  • 撮影時の安定度が最高な機材がいい

そんな方には国内メーカーでありサポートにも心配はなく、価格も手ごろで他のアクションカムにはない素晴らしい空間光学ブレ補正がついているHDR-AS300がおすすめだと思います。

私もHDR-AS300を使って動画を撮影していますが、今のところ十分な性能だと思います。

公式HDR-AS300サイト